トランスポート・マネージメント

Transport Management

トランスポート・マネージメント



プローブ情報の活用

官民で構築したVICS情報にて交通の安全安心と道路渋滞情報にて恩恵を受けられた方々もたくさんおられると思いますが、
昨今の複雑な社会状況と日々更新される道路状況と経年劣化による老朽化、情報の高度化により改善を余儀なくされる状況になっています。

そのような中で災害時における交通情報は、各自動車メーカにて収集されているプローブ情報にて実現可能であるとの実証がなされたにもかかわらず、
データの取り扱い面などで活用に抑制がかかっている事も事実であります。

また、交通を制御する根幹となっている信号制御情報も一部地域のみを考慮した最適制御アルゴリズムを考えていただけでは本来の目的とする最適な交通サービスを行うには限界がある。

そこで、プローブ情報など実際の車の動きを取り入れる事が必要となり動的なサービスとサービスの対象の変化にも対応が必要となっている。
トランスポート・マネージメント
交通関連のビックデータの活用は、今後複雑化するインフラを効率よく利用するために不可欠なITC技術であるため、
ITS事業の根幹である人と道路と自動車の安全・安心な社会をつくるうえで必要不可欠なサービスとなるであろう。

我々は、ハードウェアの世界ではできなかった分野に新しいメスを入れソフトウェアから見た新しいサービス創造に挑戦していきたい。
その第一歩として、プローブ情報のオープン化を目指していきたい。

ITS:http://www.its-jp.org/about/
関連:http://www.its-jp.org/link/。